>

色々な種類があるワイヤータイプ

全体的にがっつりワイヤー

全体に付けるタイプのワイヤー矯正は「歯の矯正」と聞いてイメージされやすいものかと思います。
やはり固定する分、矯正する力が強いため、歯並びが非常に悪い方や向きがマウスピースや部分ワイヤーでは直しにくい方には向いていますし、値段も安くすませることができます。
このワイヤーですが、様々な種類が出ており、一般的にイメージされやすい、全てシルバー色のものは金属製のメタルと呼ばれることもあるようです。
見た目には違和感がありますが、歯の移動が早くすみ、値段も安いです。
これに抵抗がある方には、歯に張り付く部分のみ透明にし、ワイヤー自体はシルバー色のままのもの、いわゆるセラミックタイプがあります。
こちらはメタルより強度が落ち、値段も少し高くなりますが、若干目立ちにくいというメリットがあります。

比較的目立ちにくいワイヤー

前途のワイヤーはやっぱり抵抗がある!という方は、前歯部分だけプラスチックでできているワイヤーもあります。
奥歯部分は金属ですが、見えやすい前歯周辺は白いプラスチックのためパッと見て違和感はありません。
ただ、プラスチックのため変色しやすいというデメリットもあります。
さらに奥歯まで白いワイヤーを使いたい場合には、ホワイトワイヤーというものがあります。
これもプラスチック同様、全体を金属製のワイヤーで矯正する場合に比べ値段は高くなりますが、ワイヤー自体だけでなく、歯についている部分も全て白色ですので、ワイヤータイプの中では一番目立ちにくいものとなります。
目立たなくすればするほど、その矯正する力は弱くなりますので、時間重視か見た目重視かによって使い分けると良いかもしれません。


この記事をシェアする